チーム・組織

仙台―東京を常時接続。これから求められる“テレワークの在り方”とは?

2018年10月、パーソルキャリアは、エンジニア部門拡大と働き方の選択肢を広げるため、仙台に新しく開発拠点を設立しました。東京と仙台、それぞれのエンジニアが分け隔てなく同じプロジェクトにアサインされ、遠隔で連携を取りながら開発を行う仕組みづくり…

御用聞きからの脱却――IT起点の提案で事業貢献を図る集団「BITA」とは

パーソルキャリア テクノロジー本部内のひとつ「BITA(ビータ)統括部」(以下、BITA)は、ITの知見をもって会社全体の事業成長や収益向上に貢献するため、2012年に立ち上がりました。かつては社内の事業部門からの要請を受けてから動き出す、「受け身」の組…

「テクノロジー組織はバックからビジネスへ」 柘植悠太が描くテクノロジー活用の未来 CIO Summit登壇レポート

こんにちは! techtekt編集部です。 11月13日にパーソルキャリア・執行役員 兼 テクノロジー本部 本部長の柘植が、MARCUS EVANS JAPAN LIMITED主催の「CIO Japan Summit 2019」で講演を行いました。 「CIO Japan Summit 2019」は、さまざまな企業のIT部門の…

エンジニアにとって理想の「働き方」とは? 働き方改革者・オトバンク久保田代表×パーソルキャリア三口対談

パーソルキャリアでは現在、エンジニアが働きやすい環境をつくるために、評価制度の刷新や職場環境の見直しを進めています。そこで今回は「自由に働いてほしい」をモットーに、フルフレックス制や満員電車禁止令など新しい職場環境のあり方を提案している、…

三口流「組織の動かし方」とは―――“仕掛け”から始まるサービス開発統括部の新たな挑戦

サービス開発統括部のエグゼクティブマネジャーを務める三口聡之介は、2018年の入社以来、 社内エンジニアの業務環境整備や新規サービス立ち上げなど、パーソルキャリアの新規事業推進において、大きな役割を果たす人物の1人。 その三口が責任者を務めるサー…

テクノロジーで「“はたらく”を自分のものにする」——ミッション・ドリブンなエンジニアリングで社会を変える

2019年10月、パーソルキャリアは、より多くの働く人に寄り添ったサービスを提供していくため『人々に「はたらく」を自分のものにする力を』というミッションを新しく掲げました。 そのミッションのもと、私たちは従来の転職サービスはもちろんのこと、今まで…