転職してみてどうですか?vol.1 kodai nakajimaさん

techtekt編集部です!

パーソルキャリアで働く社員に、入社前のイメージから入社後の驚いたギャップまで聞く、"転職してみてどうですか?"シリーズ。Vol.1は2019年7月に当社に入社したkodai nakajimaさん。

今は「iXサービス」の開発を担当しているkodai nakajimaさんですが、入社前は「お堅い会社」のイメージだったそう…。その背景と入社後の様子を聞いてきました。

kodai nakajimaさんに話を聞きました

kodai nakajimaさんのプロフィール

新卒でSIerの会社にプログラミング初心者で入社し、JavaとSQL猛勉強。3年半勤め、ナビゲーションアプリを制作している会社へ転職。ここでもJavaやAWSを中心に猛勉強し、サーバサイドエンジニアとして2年半務める。2019年7月にパーソルキャリアへ転職。現在はハイクラス人材向け転職サービス「iX転職」の開発を行っている。

―入社年月と業務内容を教えてください。

2019年7月入社です。

ハイクラス人材向け転職サービス「iX転職」のサーバサイドエンジニアとして、主に設計と開発、テストを行っており、現在は新しい機能の仕様策定と設計をしています。

―入社前、パーソルキャリアって“ぶっちゃけ”どんなイメージでしたか?

dodaやanをメインサービスに持っており、歴史としても長い会社だと思うので、会社としてはお堅いイメージがありました。

一方で、dodaのイベントで接した社員の方は気さくで、とても話しやすかったので、明るくにぎやかな会社というイメージでした。

内製部隊はまだ小さい組織だということを聞いていたので、明るくにぎやかな営業組織の人のとなりでひっそりと開発するのかなぁなんて思っていました。

kodai nakajimaさん

―入社後、イメージの変化はありましたか?

<良いギャップ>

お堅いイメージがあったので、設計書とかしっかり作って、テスト仕様とかもがっつり作って…という従来のウォーターフォール的な開発をすると思っていましたが、実際は違いました。設計書は軽い仕様を共有するための書類程度のもので、それよりも開発や試験工程を優先していく感じです。アジャイルに近いですね。基本的に無駄な工数や成果物を減らしていくようなスタンスで開発を行っているため、エンジニアとしてはこれから働きやすくなっていくと思います。

<驚いたギャップ>

内製部隊は人が少ないと聞いていたので、てっきり営業さんやコンサルタントさんの隣で仕事をするのかと思っていたのですが、実際には開発部隊だけでも100人以上おり、そこで開発を行うため、静かな環境で集中して作業ができると思います。また、フリースペースがあるため、一人で集中したい時はそこにPCをもっていって働けます。自分は結構重宝しています。

―今後、パーソルキャリアでやりたいことを教えてください。

まずはしっかりと技術を付け、将来的にはチームリーダーや仕様検討などにも積極的に取り組んでいきたいです。また、新しい技術やツールを積極的に導入できるよう、アーキテクチャや社内の制度を使ったり変えたりしながら、もっとエンジニアが楽しく働ける環境を自ら作っていきたいと思っています。

ありがとうございました!

kodai nakajima

テクノロジー本部 エンジニアリング統括部 第1開発部 プロダクトアーキテクチャBITAグループ エンジニア

「iX転職」のサーバサイド開発を担当。プライベートでは3歳の子供に遊ばれることがもっぱらの日課。

※2019年10月現在の情報です。

▶パーソルキャリアの求人ページはこちらから