転職してみてどうですか?vol.2 nakazatoさん

techtekt編集部です!

パーソルキャリアで働く社員に、入社前のイメージから入社後の驚いたギャップまで聞く、"転職してみてどうですか?"シリーズ。Vol.2ではtechtektインタビューで初の女性、nakazatoさんに聞いてみました。インテリジェンス時代のイメージである「上品」かつ「前のめり」(!)なイメージがどんな風に変わったのか、ぜひご覧ください。

nakazatoさんに話を聞きました

nakazatoさんのプロフィール

2019年5月にパーソルキャリアに入社。入社前には、大手銀行系シンクタンク、外資系マーケティングリサーチ、SIer等で勤務。職務経験の中核は、マーケティング、業績に関する「企画~データ分析~施策実行」であり、消費財メーカーを中心としたお客様向け、自社向けの両面で携わる。課題抽出~施策までの一連の流れを見据えた効果的な調査設計・分析、枠にとらわれない柔軟な解決視点を目指す。人材関連の業種ではコーチングの経験あり。

―入社年月と業務内容を教えてください。

2019年5月に入社。現在はデータソリューション部データアナリティクスグループに所属し、データソリューション部のデータビジネスグループ、データエンジニアリンググループのメンバーと連携しながら一緒にお仕事しています。業務内容は、AIを組み込んだ社内システム刷新に関わる業務、新サービスに関する実証実験やコンセプト調査などに携わっています。

nakazatoさん

―入社前、パーソルキャリアって“ぶっちゃけ”どんなイメージでしたか?

過去の仕事関係者にインテリジェンス出身者がいたのですが、その方のイメージで「上品」かつ「前のめり」(!)の印象があり、実は昔から好感を持っていました。ただ、自分が入社するイメージはなかったです。

転職活動の際に、会社を知るほどに「意外と面白い!」と思いました。特に「柔軟で何でもできそうな風土」やテクノロジー視点での「新しさ」に興味が湧き、「社会の役に立ちたい」との意識に共感しました。キャリアアドバイザーや面接官と本音で話せたことや、私の立場で考えてくださっていることも伝わり、素直に嬉しかったので、一緒に働きたいと思いました。

―入社後、イメージの変化はありましたか?

<良いギャップ>

  • 本気で「社会の役に立ちたい」と思っている人がとても多いです。
  • とがった専門性を持つ人が多く、質問すると、とても親切に教えてもらえます(専門分野もですし、会社の業務も、説明し合う文化が当たり前にあります)。
  • 面白い経験をしている人がたくさんいます(誰と話しても面白いです)。
  • 中途入社者が早く馴染めるようにとたくさんの仕掛けがあります(過去にいた会社の中で最も熱心です)。
  • テクノロジー系の人が想像していたよりかなり多いです。

<驚いたギャップ>

  • 社内用語が略し方も含めて独特です(覚えやすいのか覚えにくいのかわかりません…!)
  • 業界知識、テクノロジー系の知識など吸収することが多岐に渡り、量も多いです(自分なりにポイントのみ理解していかないと情報に埋もれそうです…)。
  • (よいところだと思っていますが)組織も個人も柔軟で、発展し続けるカルチャーだと感じています。

―今後、パーソルキャリアでやりたいことを教えてください。

  • 時代を超えるサービスを提供できるようになりたいです(個人として、組織として)。

ありがとうございました!

nakazato

テクノロジー本部 デジタルテクノロジー統括部 データ&テクノロジー ソリューション部 アナリティクスグループ リードデータアナリスト

音楽、読書、絵画、旅行など、美しいものに触れることで、日々癒される趣味を持つ。

※2019年10月現在の情報です。

▶パーソルキャリアの求人ページはこちらから