パーソルキャリアの本棚/『スクラム 仕事が4倍速くなる“世界標準”のチーム戦術』

こんにちは! techtekt編集部です!

パーソルキャリアのエンジニアが読んでいる本を紹介する「パーソルキャリアの本棚」。サービス開発統括部の鈴木 拓也さん(通称:すずたくさん)が読んでいる『スクラム 仕事が4倍速くなる“世界標準”のチーム戦術』について語ってくれました!

※記事内の写真は2020年3月に撮影したものを使用しています。

alt

鈴木 拓也さんのプロフィール

CAREER POCKET/転職同期を担当しています。趣味はトライアスロンと楽器全般、普通の一般家庭、複業は秘密です。

―今、どんな本を読んでいますか?

『スクラム-仕事が4倍速くなる“世界標準”のチーム戦術』(早川書房)を読んでいます!

alt

―紹介文

スクラムを体系化して発表したジェフサザーランドがスクラムを使う目的、哲学について事例を交えながら丁寧にまとめた本。内容は方法論よりも精神論が多め。

―なぜこの本を読んでいるのか教えて下さい

いまチームでスクラム開発をしているのですが、前職では感覚でやっていたことを言語化してメンバーに伝えるために色々読み漁っています。

―この本から得たことを、今後どのように活かそうと思いますか?

チームメンバーへスクラムについて展開するためにおおいに活かせると思います。これを読んでスクラムをできるようにはなりませんが、スクラムを使う目的は明確に定義されているので、知識を共有するための教科書のようなツールとして使っていつもりです。

―おすすめ度を教えて下さい!

おすすめ度は★4点。これからスクラムを使おうと考えている人、スクラムは導入して、どういうことをやるのかは知っているけどもう一歩深く理解しようとしている人は熟読して損はないです。

ありがとうございました!

alt

鈴木 拓也さんのプロフィール

サービス開発統括部 エンジニアリング部 クラウドアーキテクトグループ リードエンジニア

※2020年6月現在の情報です。

▶パーソルキャリアの求人ページはこちらから