転職してみてどうですか?vol.91 Yamaguchiさん

こんにちは! techtekt編集部です!

パーソルキャリアで働く社員に、入社前のイメージから入社後の驚いたギャップまで聞く、"転職してみてどうですか?"シリーズ。Vol.91はメディアBITA部に入社されたYamaguchiさんにインタビュー。元々dodaも利用いただいていたYamaguchiさんにとって、〇〇が整っていたことが良いギャップだったようで――

※撮影時のみマスクを外しています。

alt

Yamaguchiさんのプロフィール

大学では法学部で法律を勉強していたがIT業界に興味を持ち、新卒で商社系SIerに入社。インフラエンジニアとしてオンプレサーバーのAWS移行に従事。その後転職し、前職ではSaaSベンチャー企業の営業戦略推進部にてSalesforceを使った業務改善施策の立案、推進を担当。

―入社年月と業務内容を教えてください。

2021年1月に入社いたしました。現在は、転職メディア事業部へのSalesforce導入プロジェクトに参画しています。

alt
―入社前、パーソルキャリアって“ぶっちゃけ”どんなイメージでしたか?

過去2回の転職活動時dodaサービスを利用しており、転職支援という印象が強くありました。正直、パーソルキャリアに「IT」のイメージはありませんでした。

 ―入社後、イメージの変化はありましたか?

<良いギャップ>

  • 働き方が柔軟なこと。

  • 評価制度、目標設定がしっかりと整っていて、スキルを身に着けるための支援や取り組みも充実していること。

  • 周りの方々が優しく、リモートメインの環境下でもコミュニケーションが取りやすいこと。

<驚いたギャップ>

  • 社内システムの多さ

―今後、パーソルキャリアでやりたいことを教えてください。

現在参画しているSalesforce導入プロジェクトを成功させ、転職メディア事業部の利益の最大化に貢献したいです。

また、自分自身でも学習を行い、経験やスキルをしっかりと身に着けていきたいです。

ありがとうございました!

alt

Yamaguchiさんのプロフィール

BITA統括部 メディアBITA部 メディアBITAグループ コンサルタント

コロナ禍の運動不足解消のためゴルフを始めました。夏にコースデビューできるよう練習中です。

※2021年2月現在の情報です。

▶BITA統括部の求人ページはこちらから