転職してみてどうですか?vol.50 瀧本 はろかさん

こんにちは! techtekt編集部です!

パーソルキャリアで働く社員に、入社前のイメージから入社後の驚いたギャップまで聞く、"転職してみてどうですか?"シリーズ。Vol.50は、二児の母でUXリサーチャーの瀧本さん。入社して早々テレワークがスタートしたけど驚いたギャップとは―――

※記事内の写真は緊急事態宣言解除後に撮影されたものです。

alt

瀧本 はろかさんのプロフィール

CtoCのマッチングサービス運営会社で新規事業立ち上げ、開発ディレクション、インフルエンサーインタビュー業務などを行う。企画と開発の間の業務を担当することが多く、開発サイドでの業務の面白さを知り、集中して取り組みたい!と思い転職を決意。

―入社年月と業務内容を教えてください。

2020年4月に入社しました。現在はUXリサーチャーとしてUXリサーチに関する知識をインプットしたり、実務に取り組んだりしています。

alt―入社前、パーソルキャリアって“ぶっちゃけ”どんなイメージでしたか?

大企業ならではのおカタい会社なのかな?というイメージを持っていました。

―入社後、イメージの変化はありましたか?

<良いギャップ>

チームメンバーの関係性が(いい意味で)フラットで心理的安全性を重視したような組織の仕組みがあり、子育て世代が働きやすい環境が整っていると感じます。

<驚いたギャップ>

フルリモートワークがしやすい環境が整っていたところ。コロナ影響で入社早々にフルリモート勤務が始まったのですが、問題なく業務が進んでいっています。(実際にお会いしたことがない人も結構多いのですが、毎日オンラインで会うから会った感覚を抱いています!)

―今後、パーソルキャリアでやりたいことを教えてください。

UXリサーチの実務とともに、リサーチャーの人数がちょうど集まるタイミングだったので、組織づくりに取り組んでいきたいです。それぞれのリサーチャーが自分の強みを発揮できて、サービスを適切に支援できるような体制を作るのをまずは目指します。

ありがとうございました!

alt

瀧本 はろかさんのプロフィール

サービス開発統括部 グロースグループ 

プライベートは二児の母。むちむちほっぺに振り回されながらも楽しく過ごしています。関東に住んで7年目なのに全く関西弁が抜けません

※2020年6月現在の情報です。

▶パーソルキャリアの求人ページはこちらから