【特別座談会】3つの異なるテーマを新社長と語る――#discussion for the future

【新社長シリーズ】パーソルキャリア

みなさん、こんにちは。techtekt編集部です。

2022年4月、パーソルキャリアでは新経営体制への移行が決定し、代表取締役社長として瀬野尾 裕が就任しました。techtektでは、2020年に瀬野尾にインタビューを実施しましたが、あれから約1年半。社内外のテクノロジー活用が進む中で、新社長が考えるパーソルキャリアのテクノロジー活用とは――

前回の記事はこちら

瀬野尾が大事にしているポリシーの1つに「どんなに大きくなっても、10人のベンチャー企業のような“オープンでフラットな議論ができる組織”でありたい」という思いがあります。そこで、今回はパーソルキャリアのテクノロジー活用のこれからについて、それぞれの組織と瀬野尾でディスカッションを実施。既存事業から新規サービス、そして「キャリアオーナーシップ」の言葉にある本当の意味での「はたらく」とは――

 

本記事は、全3回にわたる記事の紹介と、取材のウラガワも併せて紹介します。

 

 

記事を読みたい方はこちら!


本企画の背景

基幹システムの刷新や業務プロセスの改革、機械学習の活用など、これまでもさまざまなIT/テクノロジーを活用し、事業を推進してきましたが、はたらくの多様化が進んでいる今だからこそ、よりその活用の幅を広げ、ビジョン実現に向けてさらにその歩みを進めていく今年度。

パーソルキャリア株式会社 代表取締役社長 瀬野尾 裕

 

新社長に就任した瀬野尾は、テクノロジー領域におけるコンサルティング事業を担う 現パーソルプロセス&テクノロジー株式会社の取締役や、技術派遣の事業を担うパーソルテクノロジースタッフ株式会社の代表取締役社長を務めるなど、キャリアの中でもIT/テクノロジー領域に関わりが深く、実は前回の取材時にも「もっとITやエンジニアリングに関する話をいろいろと議論したい!」と話をもらっていたことがきっかけでした。

すぐに社長に連絡をすると、スピーディーに快諾の返事が…!すぐに調整を進め、本社南青山オフィスにて取材が行われました。

 

取材ウラバナシ

どの取材も和やかな雰囲気でスタートし、普段なかなか見ることのできない社長×テクノロジーチームの熱い議論を通じて、「すべての顧客のために、私たちは“はたらく”を通じて何ができるのか、常に考え続けていく」というメッセージを感じました。個人・法人のお客様に対してキャリアオーナーシップを育む社会を実現するために、出来うることをスピーディーに実現していきたい、という宣言をもらったような気がしています。

 

【新社長シリーズ】パーソルキャリア

和やかな雰囲気で取材がスタート

 

一方で私たちが取り扱う「はたらく」というテーマの深さ、幅の広さを改めて実感しました。転職はもちろん、自分自身のキャリアを自分らしく形づけること、キャリアオーナーシップを育める企業や社会の創出――私たちの掲げるミッションを推進していくためには、解決しなければならない社会課題や雇用課題が山積しています。これら一つひとつに対して向き合い、さまざまなソリューションやサービスで答えていくことが必要なんだと強く実感しました。

 

【新社長シリーズ】パーソルキャリア

PERSOLの「P」ポーズでも撮影を

 

そのために「エンジニアリングやデザイン、データなどの活用をさらに推進していくこと」「それらを支えるインフラ/セキュリティの重要性」が経営として大事なIssueになっていることも理解しました。瀬野尾が言う「オープンでフラットに議論ができる組織」を体現すべく、経営と現場が一体となって、今期さまざまな取り組みが進んでいくのだろうな、とワクワクしました。

 

【新社長シリーズ】パーソルキャリア

思考を深める白熱した議論も盛り上がりました

 

techtektでは、今期もその取り組みやウラガワにあるメンバーの葛藤や挑戦をリアルにオープンに伝えていきます。

改めて取材にご協力いただいた瀬野尾さん、そして社員のみなさま、ありがとうございました。

 

それでは次回のtechtektもお楽しみに~!

 

※2022年6月現在の情報です。

▶パーソルキャリアの求人ページはこちらから