転職してみてどうですか?vol.104 尾嵜 壮太郎さん

こんにちは! techtekt編集部です!

パーソルキャリアで働く社員に、入社前のイメージから入社後の驚いたギャップまで聞く、"転職してみてどうですか?"シリーズ。Vol.104は、急成長中のUXリサーチチームに入社された尾嵜 壮太郎さん。エンジニアからキャリアをスタートした尾嵜さんがUXリサーチを通じてパーソルキャリアで実現したいこととは――?

UXリサーチグループ 尾嵜 壮太郎

尾嵜 壮太郎さんのプロフィール

大学の専攻は倫理学。人々の倫理判断における、論理・感性・個々人の文脈を含めた総合的な「体験」に関心があった。エンジニアとして就職後、UXという領域を知り調べるうちにUXリサーチという仕事に出会い、「これだ!」と思い転職。。

 

―入社年月と業務内容を教えてください。

2022年1月に入社しました。UXリサーチャーとして、リサーチ関連の基礎知識・技術をインプットするところから始めています。

 

―入社前、パーソルキャリアって”ぶっちゃけ”どんなイメージでしたか?

イケイケなイメージと、強い社会的な影響力を持っているイメージがありました。ベンチャーと大企業のイメージがどちらもあったので、正直どんな会社なのかイメージがしづらかったです笑。

UXリサーチグループ 尾嵜 壮太郎

―入社後、イメージの変化はありましたか?

<良いギャップ>

とても丁寧なオンボーディングに驚きました。チームに馴染むのは個々人の努力に任せる、という組織がとても多いと思うので、個人的にはとてもありがたく思っています。

 

<驚いたギャップ>

セキュリティ関連の厳しさに驚きました。

 

―今後、パーソルキャリアでやりたいことを教えてください。

まずはUXリサーチのスキルを身につけたいです。実務のことはまだ何もわからない状態なので、一つひとつ着実にこなせるようになりたいです。

また、UXリサーチという仕事を世の中に広めていきたいです!UX領域はデザイン系の方が多い印象ですが、特にUXリサーチに関しては哲学・文学・社会学などの人文系への興味を活かせる仕事だと認識しているので、もっと人文系の方に知ってもらえたらなと思っております。

最後に、パーソルキャリアは「はたらく」の自己決定をエンパワーメントする会社だと認識しており、自分としても自己決定は極めて重要で意義があると思っているので、そこにUXリサーチという領域から寄与していきたいと思っております!

 

ありがとうございました!

UXリサーチグループ 尾嵜 壮太郎

尾嵜 壮太郎さんのプロフィール

音楽を聞くこと・散歩が趣味。最近落語にハマってます。

※2022年1月現在の情報です。

▶エンジニアリング統括部の求人ページはこちら