転職してみてどうですか?vol.20 higashiさん

こんにちは! techtekt編集部です!

パーソルキャリアで働く社員に、入社前のイメージから入社後の驚いたギャップまで聞く、"転職してみてどうですか?"シリーズ。Vol.20は、元ゲーマー(今も……?)のhigashiさん。dodaのマイページ領域の開発をしているhigashiさんに話を聞いてみました。

higashi

higashiさんのプロフィール

官公庁系のSIerに新卒入社。主にサーバーサイドエンジニアとしてJavaを使用し、税務や自治体に関連したシステム開発を3年間担当。
「一つのプロダクトを継続して改善していきたい」+「フロントエンドも触りたい」という理由からパーソルキャリアに入社。

―入社年月と業務内容を教えてください。

2018年3月に入社しました。dodaのエンジニアとして、今はマイページ領域(ユーザーがログイン後に使用する画面)の開発を主に担当させて頂いております。

higashi

―入社前、パーソルキャリアって“ぶっちゃけ”どんなイメージでしたか?

・仕事好きな人が多い
・20代の人が多い
・ITというより営業会社
ざっくりこんなイメージでした。

―入社後、イメージの変化はありましたか?

<良いギャップ>

・全体的に距離感が近い。(企画部門や営業部門など、組織間での距離が近いのは進めやすいです)
・個々人のやりたいことを聞く文化ですね。メンバー含めて主体性や責任感があります!

<驚いたギャップ>

・組織や担当するプロダクトによって扱う技術が全然違うことには驚きました!

―今後、パーソルキャリアでやりたいことを教えてください。

・dodaの古くなってしまった部分や煩雑になってしまった部分を直し、保守性や速度の観点から改善を続けていきたい。
・ユーザー目線で使いやすいサービスを提供できるようエンジニアとして寄与していきたい。

ありがとうございました!

higashi

higashiさんのプロフィール

テクノロジー本部 エンジニアリング統括部 第1開発部 プロダクトアーキテクチャBITAグループ
元ゲーマー。現在は父親として日々奮闘し、時々ゲームを嗜むゲーマー。

※2019年12月現在の情報です。

▶パーソルキャリアの求人ページはこちらから