オンライン会議/取材 Tipsをまとめてみました #3 音声・マイク編

記事ヘッダー画像

こんにちは。techtekt編集部です。

これまで2回にわたり、オンライン会議/取材Tipsとして第一回の準備編ではオンライン取材の流れや事前準備と「ビデオ映り」に関わる、カメラの位置とライト(光)を、第二回の服装・メイク編では、オンラインならではの服装やメイクの注意点などについてをお伝えしてきました。

そして今回は、カメラがオンでもオフでも重要となる、音声にまつわるTipsをお届けしたいと思います。

ビデオ映りについては、事前に自分で確認することは可能ではありますが、自分の声がどのように相手に聞こえているのかなどは前もって知ることは難しいものです。また、どんなにきれいに映っていても、肝心の音声が聞こえなかったり、聞き取り難ければ会議やインタビューとしては致命的ですよね…。

オンライン会議やインタビュー当日に「声聞こえますかー?」「音が切れてますよー」といったやり取りはもう卒業!こちらのTipsでご自身の音声環境を一度チェックしてみてください。

※本記事は、主にパーソルキャリア社員が利用している当社規定のPCを想定して記載しています。PCの機種・性能などによっては一部異なる場合もあります。

 

 

 

音声トラブルあるある

オンライン会議などでよくある音声トラブルには下記のようなものがあります。

  • 音が途切れる・遅延する(通信環境によるものも含む)
  • 周りの雑音が入る
  • キーボードやマウスの操作音が入る

これらを解消・回避するための方法を見ていきましょう。

 

オンライン会議をする場所を整える

オンライン会議をする際、どのような場所に自分がいるか見てみましょう。自宅の仕事場、オフィスの自席または会議室、あるいは近所のカフェなど現在はさまざまな場所でお仕事をされている方がいらっしゃると思います。それらの場所が、「オンライン会議」をするのに適した場所かを確認しましょう

自宅でも、家族と同居している場合は家族の声や生活音が入るような場所ではありませんか?オフィスの自席近くで打ち合わせをしている人たちがいませんか?会議の内容が周囲に聞こえてしまっても大丈夫でしょうか?

自宅やオフィスでも、周りに人がいないまたは話している人から距離が取れる静かな場所に移動したり、外出先などでどうしてもオンライン会議に出席が必要な場合は、ブース型シェアオフィスが最近は駅などにも設置されているのでそこを利用したりして、自分も会議に出席する相手も気持ちの良い環境を整えましょう。

 

チェックポイント

  • 静かな環境である
  • 周りに会話を聞かれて困らない環境
  • 通信環境が安定していて、電源なども確保できる環境

 

専用って、やっぱり快適なんです!

ノートパソコンは、カメラとマイクがついているのが当たり前ですので、わざわざビデオ会議のためにカメラやマイクを買われる方は少数かと思われます。実際にビデオ会議で、内蔵のマイクを使用しているケースでは、話している方が思っている以上に周りの音を拾っていたり、音切れが起こっていたりしています。

そんな時におすすめなのがマイク付きイヤホンです。

マイク付きイヤフォン利用状況の画像

©️2021 松屋 有紀

まず、イヤホンなので、会議の内容が周りに聞こえてしまうことがなくなります。マイクの位置が口元に近くなることもあり、声をより拾ってくれるようになり、周りの雑音(キーボード操作音なども)が入りにくくもなります。

イヤホンタイプですと、相手の声も聞こえやすくもなりますので、techtekt編集部としましては、マイク付きイヤホンまたはヘッドセットの利用を推奨しております。

マイクの集音にこだわる場合、単一指向性マイクノイズ除去機能が付いたものもあるので、気になる方はお気に入りを探してみてください。

パソコンに搭載のものでもオンライン会議は可能ですが、やはり専用のものを使用するとその良さに気が付けるものですね。

 

状況にあったマイクを選ぼう!

その場所で、自分一人だけがオンライン会議に出席する場合は、先ほどのマイク付きイヤホンがおすすめですが、複数人が同じ場所で同じオンライン会議に出席する場合は、スピーカーフォンを使用するのがおすすめです。

スピーカーフォン利用画像

©️2021 松屋 有紀

スピーカーフォンは、同時に複数人での利用が可能で、イヤホンやヘッドホンとは違い自然な形での会話をすることができます。

周辺の雑音が入りにくいノイズ除去機能やハウリング防止のエコーキャンセリング機能、オートゲインコントロール機能といった話者とマイクの距離から自動で音量を調整する機能がついているものなどより快適な音声環境を提供してくれるので、複数人でオンライン会議に同席するときはぜひスピーカーフォンを利用してみてください。

 

有線を優先しよう!

先にご紹介した、マイク付きイヤホンもスピーカーフォンも、Bluetooth接続などのいわゆるワイヤレスタイプのものと、USBなどの有線タイプのものがあります。どちらも一長一短ありますが、USB接続などの有線タイプの方が、接続が切れにくく遅延もなく安定した通話が可能となり、快適なオンライン会議を行えます。Bluetooth接続タイプでも、有線接続にも対応しているものを選ぶと使い勝手がよくなりますので、機種選びの際に参考にしてみてください。

有線タイプのイヤフォンとスピーカーフォンの画像

©️2021 松屋 有紀

これまでにオンライン会議などで音声にまつわる困りごとを抱えていた方や、もっと快適にするにはどうしようと考えていた方は、ぜひ上記の内容を参考にしてみてください。自分だけで音声を確認することは難しいので、事前にどなたかにお願いをして、同じビデオ会議ツールと接続機器(パソコン、マイク付きイヤホンなど)で接続テストをしてみるというのも良いと思います。より良い音環境でオンライン会議を快適に行いましょう!

 

いかがでしたでしょうか。オンライン取材でのTips、次回の記事もお楽しみに!

(文=techtekt 編集部/イラスト=松屋 有紀(パーソルキャリア))

▶パーソルキャリアの求人ページはこちらから