information channel ー BITA統括部 エージェント・dodaプラス プロセス&システムデザイン部 ー

alt
こんにちは。techtekt編集部 兼 人事のもりたです。

このinformation channelでは、入社後ギャップの解消を目的に、各組織をより詳しくお伝えします。今回はBITA統括部 エージェントプロセス&システムデザイン部(以下、エージェントPSD部)、dodaプラス プロセス&システムデザイン部(プラスPSD部)について紹介します。当社の主力事業であるdodaの人材紹介事業を支えるIT戦略・企画部門がどのような業務を行っているのか、たっぷりお伝えします。

最下部には面接情報も公開しているので、ぜひ最後までご覧ください!

何をする組織なの?

alt

エージェントPSD部およびプラスPSD部は、人材紹介事業において営業組織のプロセス、顧客体験のプロセスを改善し、それに伴うシステムをデザインする組織です。

営業組織の中でシステムが代替できるものを自動化したり、また基幹システムであるARCS(アークス)やBAKS(バックス)などの環境を内製開発しながら、環境を自らの手で作りだしている組織です。

所属組織はどこになるの?

冒頭「BITA統括部」と紹介をしましたが、主務は人材紹介事業を主管とする「dodaエージェント事業本部」や「dodaプラス事業部」になります。”事業にもっとも近いパートナーでありたい”という方針のもと、IT組織も事業部の中に設置することによって、力を集約し、スピーディーに施策実行する狙いがあります。

一方で、テクノロジー領域において、インフラ基盤やデータ活用部門とも連携が必要になってくるため、兼務としてテクノロジー統括部に紐づいています。

※techtektでは主にテクノロジー本部内を取り上げているため、すべての記事はBITA統括部PSD部のタグでご覧いただけます。

alt

PSD部の配下は大きく2つのグループに分かれます。

プロセスデザイングループ

ビジネスプロセスや顧客体験プロセスを見直し、改善し続けるグループ。主にITコンサルタント職種の方が多く在籍する。

システムデザイングループ

既存のソリューションの上でどう作るのか、ではなく、事業会社として自環境を自ら作りだすグループ。主にC#開発エンジニアが在籍し、エンジニアリング統括部 第一開発部が主務になります。

 事業課題に対して、ITコンサルタント、開発エンジニアがそれぞれの役割を適切に越境しながら、課題解決を進めている組織です。2021年1月時点で、エージェントPSD部は兼務や業務委託も含め54名、プラスPSD部は34名です。

どんな人がはたらいているの?

alt

2020年4月から組織名称が変わり、事業に入り込んで課題解決をしていく組織を取りまとめるのはゼネラルマネジャー(以下GM)である佐々木です。これまでの組織の成り立ちや、コア事業を支えているからこそ、毀損なく物事を前に進めなければならないという使命感などたっぷりこちらの記事で語っていただきました。ぜひご覧ください。


どんな面接をするの?

1次面接は、人材紹介事業をITで支えるPSD部のGM佐々木、または、求人広告事業をITで支える正金のどちらかが面接官になります。最終面接はBITA統括部を総括する片山が担当します。最終面接合格となった後のオファー面談内で、現場社員にも実際にお会いいただきながら、一緒に働く仲間とお話いただく機会を設けています。

佐々木の面接では、技術や経験はもちろんですが、それよりも”事業に向いて仕事をしてきたか”を中心にお話を伺います。「どのような役割で、事業課題に対してどんな風に考えていたのか」などのご経験をお聞かせいただきながら、PSD部の概要についても説明させていただきます。

どういう役割で仕事をしてきたのか、事業課題をどのように捉えてご自身の役割を遂行されたのかを教えてください!

※注:選考ポジションや選考フェーズによって内容や担当者に変更がございます。

他にはどんな仕事をしているの?

そのほかに、PSD部の取り組みは、以下のようなプロジェクトを担当しています。併せてご覧ください!

その他、BITA統括部 PSD部の記事はこちら!

さて、いかがでしたか?

パーソルキャリアの主力事業であるdodaの人材紹介事業をITで支えるPSD部。30年続くサービスで、基幹システムも長く使われてきたことから、レガシーな部分もありますが、それを変革していく醍醐味が味わえる組織です。

最先端な技術ばかりを使うわけではありませんが、一方でビジネスに有用なプロセスやシステムを自分で判断しながら物事を前に進めることができます。

ここからパーソルキャリアはテクノロジー活用をより強化していくにあたって、一緒に環境を作っていく仲間を募集しています。ご興味があるかたは、カジュアル面談も可能ですので、是非一度お声かけください!