information channel ー BITA統括部 ー

トップ画像
こんにちは。techtekt編集部 兼 人事のもりたです。

information channelでは、入社後ギャップの解消を目的に、各組織をより詳しくお伝えします。今回は取り上げるのは、パーソルキャリア内でIT/テクノロジー組織として最も長い歴史を持つBITA(ビータ)統括部。

エージェントや求人広告など各事業のIT活用を推進する、PM/スクラムマスターを有する部署について、詳しく説明をします。

※各部署の詳細は、それぞれのページをご覧ください。

 

BITA統括部の役割

テクノロジー・IT活用の高度化や付加価値の創出により、コア事業の”エンジン”として事業成長を牽引する

BITA統括部では、パーソルキャリアの人材紹介を中心としたエージェント事業、求人広告を中心とした転職メディア事業など、各コア事業に入り込み、事業課題解決を推進しています。各事業の中に、BITA統括部が兼務として入ることによって、事業のニーズにクイックに答え、事業成長を支えます。

※BITA(ビータ)とは…「Business IT Architect」の略称。

ITを使って業務を変革させ、事業貢献することを目的としていて、現在は「システムの安定化」と「新たな挑戦」の両方に取り組んでいます。

 

BITA統括部 組織紹介
BITA統括部内には、6つの部で構成されており、それぞれ主管事業のITソリューション提供を通じて、事業成長を支えています。多くの役割はPMやスクラムマスターとして業務遂行をすることも特徴の一つです。

エージェントPSD、dodaプラスPSD、デジタル業務推進などは、事業に資するBITA部として、通称「事業BITA」とも呼ばれています。

 

BITA統括部と他部署との関わり

他部署とのかかわり方

BITA統括部では、IT戦略・構想の策定~運用保守までの一連の流れを守備範囲(役割責任)としており、dodaを中心とした既存の事業成長に貢献すべく、事業BITAがITデリバリーを行っています。
それらに対し、テクノロジー企画部やプロジェクトBITAが支援を行い、デジタルテクノロジー統括部やインフラ基盤、内製開発エンジニアを有するエンジニアリング統括部とそれぞれのフェーズで連携を図りながら、事業におけるテクノロジー推進を進めています。

それぞれの組織については、以下をご覧ください。

 

テクノロジー企画部

エージェントPSD部 / dodaプラスPSD部

デジタル業務推進部


プロダクト開発部

Cominsoon

※2021年7月現在の情報です。

▶BITA統括部の求人ページはこちらから