転職して”異動して”みてどうですか?vol.66 佐川 真吾さん

こんにちは! techtekt編集部です!

パーソルキャリアで働く社員に、入社前のイメージから入社後の驚いたギャップまで聞く、"転職してみてどうですか?"シリーズ。Vol.66は、コンサルタントやPM領域を担当する「事業BITA」に中途入社したのちに、異動希望申請を出して、開発エンジニアとしてのキャリアを積む決断をされた佐川さん。異動希望の背景も訊いてみましたーー

alt
佐川 真吾さんのプロフィール

SIerに新卒入社し、流通業界の顧客を担当。商談や運用保守を継続的に実施しながら、開発案件におけるQCD管理等プロジェクトマネジメント業務をメインで行う。

―入社年月と業務内容を教えてください。

2019年2月にパーソルキャリアに入社しました。

最初は事業BITAとして主にdoda求人広告のDM、dodaアプリ、doda Recruitersを担当し、プロジェクトマネジメントなどを中心に行ってきました。2020年4月にエンジニアグループに異動して、doda Recruitersの内製開発チームに入りました。

―異動されたんですね…!プロジェクトマネジメント業務からなぜ開発に??

元々の転職理由は、より上流であるシステム企画がやりたいと思って、パーソルキャリアへ入社を決めました。現状のシステムを見た時に、本当に改善すべきことは何なのか考え、提案して進める仕事がしたかったからです。

希望通り、システム企画業務ができる事業BITAに配属され、システム企画や開発プロジェクトの推進をしてきました。その業務を経験する中で、将来の自分の働き方ややりたいことを考えていましたが、より「エンジニアスキルを高め、はたらく場所にとらわれずに仕事をしたい」と思うようになりました。元々の思いとこれらを実現するためには、エンジニアグループへの異動がベストと考えて希望しました。

―入社前、パーソルキャリアって“ぶっちゃけ”どんなイメージでしたか?

dodaのイメージが強かったです。また、IT投資に力を入れている印象も受けました。

alt

―入社後、イメージの変化はありましたか?

<良いギャップ>

  • 自分のやりたいことをやらせてくれて、任せてくれる風土があると感じています。
  • 年齢が若かったり社歴が浅かったりしても、活躍している人がとても多いです。
  • イキイキ働いている人が多いです。

<驚いたギャップ>

  • 役職者を「さん付け」で呼ぶ文化ですね。最初は慣れませんでした。笑

―今後、パーソルキャリアでやりたいことを教えてください。

まずは自身のスキルを最速で向上させ、doda Recruitersをより良くしていきたいです!

ありがとうございました!

alt

佐川 真吾さんのプロフィール

プロダクト開発統括部 エンジニアリング部 エンジニアリンググループ

コロナ落ち着いたら大好きな旅行に行きたいです。

※2020年8月現在の情報です。

▶プロダクト開発統括部の求人ページはこちらから

▶内製開発を担うエンジニアリング統括部の求人ページはこちら