転職してみてどうですか?vol.60 @Mikiyaさん

こんにちは! techtekt編集部です!

パーソルキャリアで働く社員に、入社前のイメージから入社後の驚いたギャップまで聞く、"転職してみてどうですか?"シリーズ。Vol.60は元広告代理店でプランナーをしていた@Mikiyaさんに話を訊いてみました—――

※本取材はオンラインで実施し、写真は本人からの提供。

alt
@Mikiyaさんのプロフィール

家電メーカーのルート営業として新卒のキャリアをスタート。当時から営業力に自信があり、「なぜ売れるのか?」を言語化していく中で、データを活用の重要性に気づく。また、1人の営業力では到底かなわないプロモーションの力にも惹かれデジタル広告業界へ転職し、プランナーとして従事。家電業界や広告業界で培った経験をもとに、

新規サービス開発の領域にチャレンジするためにパーソルキャリアへ入社。

―入社年月と業務内容を教えてください。

2020年4月に入社しました。

新規企画の考案を中心に既存サービスのマーケティング支援を実施しています。

―入社前、パーソルキャリアって“ぶっちゃけ”どんなイメージでしたか?

ゴリゴリの営業会社のイメージでしたね。

alt

―入社後、イメージの変化はありましたか?

<良いギャップ>

サービス開発統括部においてはゴリゴリさがなく、筋が通った意見を誰もが真っ当に発言できる環境がありました。

<驚いたギャップ>

想定以上に気持ち一つで仕事に取り組んでいる人たちもいたので驚きました。

 

―今後、パーソルキャリアでやりたいことを教えてください。

会社の成長や利益につながるサービスを世の中に浸透させたいと思います!

ありがとうございました!

alt

@Mikiyaさんのプロフィール

サービス開発統括部 グロース部 マーケティンググループ

※2020年7月現在の情報です。

▶パーソルキャリアの求人ページはこちらから