パーソルキャリアの本棚/『イノベーションと企業家精神【エッセンシャル版】』

こんにちは! techtekt編集部です!

パーソルキャリアのエンジニアが読んでいる本を紹介する「パーソルキャリアの本棚」。今回は金子さんが読んでいる『イノベーションと企業家精神【エッセンシャル版】』について語ってくれました!

金子広大

金子広大さんのプロフィール

「マイポテ」を担当。趣味は、アニメ、漫画、読書、筋トレ。副業として、自分でアプリを作り、公開している。

―今、どんな本を読んでいますか?

『イノベーションと企業家精神【エッセンシャル版】』(ダイヤモンド社)を読んでいます!

金子広大

―紹介文

P.F. ドラッカーの75歳の時の著作で、イノベーションと起業家精神についての方法論を論じています。
難しい話も多いですが、イノベーションの成功と失敗の事例を併せて話を進めてくれるので話の内容の割には読みやすくなっていると思います。
アメリカが未来の完全な予知をしようと国家予算並みのお金を費やして大失敗した話や、ロシアが車の生産の商業化に大きく乗り出さなかったために数憶ドルの機会損失を出した話など、ドラッカーおじいちゃんのよもやま話みたいになっている部分が個人的には好きです。

―なぜこの本を読んでいるのか教えて下さい

社会人1年目の時に、『もしドラ』を読んで以来、ドラッカーを少しずつ読んでいます(よく積み本になりますが。笑)。
私は高校から理系の学校だったので、文系分野の勉強をする上でドラッカーが役に立つことが多く、この本を読んでいます。

―この本から得たことを、今後どのように活かそうと思いますか?

まだ読めていない部分も多いのですが、新しい発想を生み出す上での指標になりそうです。
また、新しい技術などがどのような条件で世の中に普及していったかなどは、デザインスプリントや企画といったプログラミング以外の仕事の部分で活かしていくことが出来そうです。

―おすすめ度を教えて下さい!

おすすめ度は★3.5です。ドラッカーが肌に合わない人もいると思いますので、3.5です。
読むのに時間がかかりますが、歴代の大きなイノベーションが様々なジャンルで書かれているので、それを読むだけでも価値があると思います。

ありがとうございました!

金子広大

金子広大さんのプロフィール

サービス開発統括部 エンジニアリング部 サービスデベロッパーグループ エンジニア

※2020年2月現在の情報です。

▶パーソルキャリアの求人ページはこちらから