転職してみてどうですか?vol.26 常見健太さん

こんにちは! techtekt編集部です!

パーソルキャリアで働く社員に、入社前のイメージから入社後の驚いたギャップまで聞く、"転職してみてどうですか?"シリーズ。Vol.26は、当社でもお世話になっている某パッケージソフトの会社にいた常見さん。doda以外での当社のイメージがあまりなかったという常見さんがこの先やりたいこととはーー

常見健太

常見健太さんのプロフィール

人事給与システムのパッケージベンダーに新卒で入社し、JavaやAWSを使ってシステムのバージョンアップ作業に利用するツールの開発を担当。3年くらいしたら転職しようと考えていたら、結果4年半在籍していた(本人談)。その後パーソルキャリアへ入社し、現在に至る。

―入社年月と業務内容を教えてください。

2019年の10月に入社しました。その前はパーソルキャリアでも利用しているC●MPANY(ERPパッケージソフト)を作ってる会社にいました(笑)。
転職者のアフターフォローを行う「CAREER POCKET」、転職者同士がつながる「転職同期」のプロジェクトにエンジニアとして携わっています。 今は、2月末に向けて追加機能の開発を行っているところです。

常見健太

―入社前、パーソルキャリアって“ぶっちゃけ”どんなイメージでしたか?

ぶっちゃけ、全然知らなかったです(笑)。
dodaのことは知ってたけど、それをパーソルキャリアがやってるってコトは知らなかったとか、そういうレベルです。

―入社後、イメージの変化はありましたか?

<良いギャップ>

上記のような状態なので、あまりなかったです。
サービス開発統括部については面接の時に聞いた話・イメージとほとんど変わらなかったので良かったです。

<驚いたギャップ>

フリースペースが潤沢にあるのはいい意味で驚きでした。

―今後、パーソルキャリアでやりたいことを教えてください。

面白いサービスを楽しいチームで作っていくために、エンジニアという枠にとらわれず色々やっていけたらと思います。

ありがとうございました!

常見健太

常見健太さんのプロフィール

サービス企画開発本部 サービス開発統括部 エンジニアリング部 サービスアーキテクトグループ エンジニア

野球観戦が好きなスワローズファン。
プライベートでは競馬の回収率を上げるためのサービスを開発中。

※2020年2月現在の情報です。