転職してみてどうですか?vol.8 Kitajimaさん

こんにちは! techtekt編集部です!

パーソルキャリアで働く社員に、入社前のイメージから入社後の驚いたギャップまで聞く、"転職してみてどうですか?"シリーズ。Vol.8はRPAロボやAIを活用したビジネス担当のKitajimaさん。独自の世界観やパーソナリティを持つデジタルテクノロジー統括部に刺激を受けているご様子ーー

Kitajimaさんに話を聞きました

Kitajimaさんのプロフィール

2006年にオープンアソシエイツ株式会社(現RPAホールディングス株式会社)に入社。8年間ほど大手企業内の新規事業立ち上げを専門にコンサルティングサービスを提供。IT、製造を中心に100以上のプロジェクトを経験。その後、RPAホールディングスグループ内で「Bizrobo」というRPAツールのパートナー販売網の構築や、RPAロボのサービス提供モデルの立ち上げなどを担当。
2019年6月よりパーソルキャリア株式会社に中途入社。データ&テクノロジービジネス部においてRPAを使った新しいサービス開発や、AIを使った業務支援サービスの企画・開発に従事している。

―入社年月と業務内容を教えてください。

2019年6月に中途入社しました。
データ&テクノロジー ビジネス部で、パーソルキャリアの中核事業である「エージェント事業」に向け、RPAやAIを活用した業務改善の仕組みを企画・開発しています。
また、パーソルキャリアの保有する「データ」を活用した新規事業の企画にも参画し、新規事業シーズを探索しています。

f:id:ib_ofuji:20191101140614p:plain

―入社前、パーソルキャリアって“ぶっちゃけ”どんなイメージでしたか?

前職からパーソルグループの経営幹部の方と関わりが有り、とても社員を大切にしている会社というイメージを持っていました。
現場に必ず出て社員とコミュニケーションをしていたり、メンバー、スタッフの人たちと気軽に飲みに行かれていたり、風通しが良い会社だなと感動しました。
データ、テクノロジー活用についても専門部署が立ち上がっているなど、HRテックに関する取り組みも積極的な印象があり、若くて優秀なメンバーが集まっている印象を受けました。

―入社後、イメージの変化はありましたか?

<良いギャップ>

データ&テクノロジービジネス部は思ったより若くなかったです。笑
他の事業部と比較して、様々な経験を積んだ中途入社メンバーが多いので、自分と同じか少し上の世代が中心で、皆さん独自の世界観、特徴的なパーソナリティを持っていて、非常に刺激的です!

<驚いたギャップ>

前職と比べて何十倍も大きな会社なので、いろいろとやりづらいこともあるかと思っていましたが、意外と皆さん協力的で、違う部署でも何か依頼すると丁寧に応じてくれたり、知らないことを気軽に相談できたりしています。社員の間でお互いに協力する企業文化が根付いているんだなと思いました。

―今後、パーソルキャリアでやりたいことを教えてください。

RPA、データそしてAIを活用したプロジェクトを通じ、早く目に見える形で、事業の改善や成長に貢献したいと思います。また、自分自身については、新しいキャリア・経験を蓄積していくと共に、組織や事業のマネジメントにも挑戦したいです。その結果として、少しでも「はたらいて、笑おう。」の実現ができたら、実感できたら素敵だなと考えています。

ありがとうございました!

Kitajima

デジタルテクノロジー統括部 データ&テクノロジー ビジネス部 ビジネスグループ リード
仕事のモットーは「RPA、データ、AIで事業成長をドリブンさせる」

※2019年11月現在の情報です。

▶パーソルキャリアの求人ページはこちらから